5月

いつのまにか5月になってしまった。
今年のGW、帰ってきたのは次女だけだったけれど
一緒に一泊で旅行に行き、楽しく過ごした。

そして連休明けと同時に訃報が次々と届いた。
気になっていたワン達が続けて虹の橋に行ってしまったよ。
どのワンもみんな最後まで頑張って天命を全うしたね。
今は身体が軽くなって走り回っているだろうな。

アイシャもいるよ、見つけてやってね。

みんなで楽しく過ごしてね。こっちはちょっと寂しくなったけど、また一歩ずつ歩いていくから心配しないでね。

三月

早いものでアイシャがいなくなって今日で半年。
時は無情にも過ぎていきますな。
アイシャがいない日々は静かすぎるほど静かです。

3月17日 広島文化学園HBGホールでジャクソン・ブラウン!

すっかりお爺ちゃんになってしまったけど、独特の存在感はそのまま。
新作アルバムを引っさげての来日です。
反核・反原発の活動もしてる彼は広島にも思い入れがあるようで何度も来てくれてますが、登場直後から感涙
途中、Don't forget Hiroshima ! の声をかけた人がいて
一瞬言葉に詰まった感じだったけど、ちゃんと「忘れてないよ」と言ってくれました。
(というか、訳わかんないかけ声にこっちがびっくりするワ!)
新旧取り混ぜての構成で堪能しました!
Thank you , Jackson ! Come again !

画像

お雛祭り

今年こそお雛様を出そうと思いながら
また出せませんでした

桃の花を買ってきて
アイシャにお供えしました。

画像

ありがとう

アイシャが亡くなって5ヶ月
もう5ヶ月
早い、早すぎる。

アイシャのことを知ってたくさんの方がメールをくださいました。
HPを始めた頃に知り合った、本当にアイシャ&我が家の歴史と同じだけのおつきあいのお友達。
最近こそHPや掲示板の行ったり来たりは無くなったけれど
ご無沙汰していた懐かしい方々からのメールは心温まる嬉しいものでした。
本当にみなさん有り難うございます。
どなたの言葉も涙が出ました。

その中で私がアイシャと暮らし始めいろいろ悩みを抱えていた頃に知り合ったネットのワン友達のママさんが
アイシャのことを日記に書いてくださってました。

在住先のアメリカやカナダのワン事情など参考になることをたくさん教えていただきました。
と同時に何も分からないネットのことも教えてもらい、ずいぶんと頼りにしていました。

本当にお世話になりました。
覚えていてくださったことに感謝します。
アイシャやワン達がつないでくれたご縁をしみじみと感じ、心の穴を少しずつ埋めていけたらいいなと思っています。

TABIママ、ありがとう。
TABIちゃん、もっともっと長生きして楽しい思い出をたくさん作ってね。

アイシャ月命日

アイシャが亡くなって4ヶ月。
もうそんなに経ってしまったのか。
今でも水を飲む音、歩く時の爪の音
ため息、そんな音が聞こえてくる気がする。

なんでいなくなってしまったのかね

そんな問いかけ、意味がないのはわかるけど
繰り返してしまうよ。

2015年

あけましておめでとうございます。

アイシャのいない新年がやってきました。
お雑煮のお餅をほんのちょっと食べて
お正月を迎えていたなぁとか
そんな事を思い出していました。

このホームページの主がいなくなった今
いつまで続けていくべきか色々と考えています。

可愛いアイシャ

2014年も暮れようとしています。

3〜4日旅行に出かけていたので
なんの準備もできないままです。

我が家の可愛いアイシャとの15年も
今年とうとう終わってしまいました。

ぼんやりといつかアイシャを見送る日が来ることを思ってはいたけれど
それはもうすこし先のことだとおもっていたのに
その日は急にやってきて、アイシャを連れて行ってしまいました。

今思うのは、アイシャを最後まで責任持って見ることができたことは良かったと。

まだまだあちこちからアイシャの毛が出てきて
「私はここにいるよ!」と言ってるようで
切なくもあり寂しくもあり「毎日思っているよ」と呟くのです。

大きな節目となった2014年でしたが
静かに新しい年を迎えたいと思います。

皆様もどうぞ良いお年をお迎えくださいませ。
画像

月命日

アイシャが亡くなって明日で3ヶ月になります。
アイシャのいた部分がぽっかりと抜け落ちた生活もただ時が過ぎていき
いつも何かを忘れたような何かが足りないような毎日です。

雪が降ればラッセルアイシャとなって
公園の雪の中を突き進んでいったことを思い出し
冷たい鼻の頭や肉球の感触を思い出す。

こたつにもぐりこんで長々と伸びていたね
暑くなってはモソモソと出てきて
しばらくしたらまたこたつ布団の隙間から入り込む
そんな日々もあったね。

今年の冬も寒いよ

四十九日

アイシャが亡くなって、今日は仏教で言うところの四十九日でした。
本来なら霊園に納骨したり、自宅庭に埋葬することもあるのでしょうが
どうしても土の中に埋めたり、知らない遠いところへ一人置くなど考えられず
しばらくこのまま私達を見守ってくれるところに置いておくことにしました。

アイシャにまたお花をいただきました。
ありがとうございます

画像


羊毛でアイシャ人形を作っていただいたり、ありがたいことです

画像


早いような、のろのろと時が進んでいるような、そんな日が続いています。

一ヶ月

アイシャが亡くなって一ヶ月。

早かったような、時が止まったまま進まなかったような
そんな変な感じの一ヶ月だった。

虹の橋を見つけただろうか。
誰かと楽しく走り回ってるだろうか。
私達が来るのを淋しく待っているだろうか。

どうしても、いつもの生真面目な顔でそわそわ不安そうにしている姿しか浮かばない。

きっとそれは自分の姿でもあるんだろうなぁ。

そんなにずーっと遠い先ではなく
いつか必ず迎えに行くから待っててね。

そして、また一緒に暮らそうね。
その時こそずっと一緒。
(ホラーみたい?)





出雲のフレンチ

天気の良い土曜日、出雲大社にお参りしました。
高円宮典子さんと結婚されたばかりの千家国麿さんが歩いておられないかしら?ときょろきょろしたけど、当然?見当たらず。
それにしても大変な数の観光客。

その夜、ご夫婦でやっておられるというカジュアルフレンチのお店「トロントセット」へ。
一人3100円のコースの説明を受け
まずはドリンクを選び(別料金)
お通しでついてくるカリフラワーの熱々スープ、パン以外

何種類かある中から
前菜
冷たい料理一品
暖かい料理二品

を選びました。

1グループで同じ物を取り分ける方式なので
別々の物を頼むわけにいかないけれど

20種類の品目のサラダ
そば粉のガレット
真鯛のなんとかソース(おいっ)
和牛しんたま(もも肉のあたり)のステーキ(これは+500円)

を頼みました。

そば粉のガレット

画像


普段適当なものしか食べていない私達ですが、どれもこれも手が込んでいて本当に美味しかったです。
ソースが美味しかった!

あと和栗とりんごのクリームブリュレをデザートで頼みました。

これが絶妙な甘さですごく美味しかった!

3100円(+ドリンク、デザート)で食べられるなんて
こんな安くて美味しいお店はちょっとないのでは?

ご夫婦はフランスに長くおられたとかで
厨房ではフランス語で会話しておられたのが印象的でした。

あまり食べ物関連の日記は書かないんだけど、感激したので書いてみました。

お近くに行かれたら是非(予約すると確実)

トロントセット
住所: 〒693-0015 島根県出雲市大津朝倉3丁目7-1

アイシャ15歳

今日10月12日はアイシャの15回目の誕生日です。

15歳の誕生日は余裕で迎えられると思っていました。

早いものでアイシャが亡くなって3週間。
迎えられなかった誕生日がやってきました。

小さなケーキでささやかにお祝い。

「こんなケーキ、一口じゃけーね!」と
パクパク食べる姿が目に浮かびます

画像


☆アイシャの同胎犬フレディのパパさんのかずさんへ


いつか読んでくださると思って・・・
連絡先を無くしてしまったのでここに書きます

アイシャも15歳まであと少しというところで亡くなってしまいました。
一足先に虹の橋に行ってしまったフレディに今頃会えているでしょうか。
2歳までには会わせたいですね、という話をしていたのに結局かなわず。
でもきっと探し当てて、楽しく一緒に走り回っていることと思います。
アイシャの兄弟がいることが分かって本当に嬉しかったです。
今まで本当に有り難うございました。

10月

悲しい9月があっという間に過ぎていきました。
もう10月。

二週間前のあの頃はこうだったとまた思い出しては悲しくなっております。
アイシャが来た頃の写真がデータに残っておりSDカードに入れて
デジタルフォトフレームで見ています。

若くて美しくて凜々しいアイシャを見て少しずつ元気を出そうと思ってます。
我が家の歴史の半分にあたる15年、アイシャが彩ってくれました。

「アイシャがいるから淋しくないよ」

いつもそばにいて一緒にお留守番をしてくれたアイシャ、ありがとうね。

来てすぐの頃のパピーアイシャ
めちゃくちゃ可愛い!
でもカミカミアイシャでもありました(><)

画像

15年

アイシャがうちに来たのは15年近く前・・・

長女小6、次女小4、長男小2の冬、12月1日。

それから15年近くが過ぎ
その間我が家にもいろいろなことがあり
子ども達もみんな自立し家を出て行った。

そして「その時」が来た。

9月15日に病院に行き、検査の結果、内臓の各所リンパ節が腫れリンパ腫だと思われるという診断。
抗ガン剤がよく効くけれど、年齢的なこともありステロイドで対症療法をしていこうという話になった。

でも、もう治療するだけの体力は無かった。
金曜日夕方までは歩いて水を飲みに行くこともできた。
「歩いてお水を飲めるんだからまだ大丈夫」と思ったけれど、その夜からは殆ど寝たきりになってしまった。

表情もだんだんうつろになっていき、荒い呼吸をするだけになってしまった。
時々お水を口の端から飲ませるとぺろぺろ飲んだアイシャ。

土曜日に点滴に連れて行ったけれど先生の言葉は「厳しいですね」というものだった。

そして次の日の日曜日、午後2時20分
チチが買い物から帰るのを待っていたかのように
20分後に静かに息を引き取ったアイシャ。

15年分の思い出を残してあっという間に駆け足でお空に行ってしまったアイシャ。
お父さんやお母さんはびっくりして泣いてばかり。

今は虹の橋の下で身体も楽になって走り回ってるかな。

金木犀が良い香りなので飾ってみた

画像

初七日

アイシャ初七日です。
アイシャにたくさんお花をいただきました。
ありがとうございます。
アイシャも喜んでるいるよう。


画像


☆覚え書き

もともと今年3~4月ぐらいに呼吸が苦しそうなことがあり
そろそろ暑くなるから・・・と思っていたのですが
それもそのうち収まり、安心していました。
そのあたりからぐっと老化が進んだ感じで散歩もとぼとぼ。

6月ぐらいには苦しそうな呼吸が再開。
早くからエアコンをつけ、気温も低め設定に。
それでもゼーハーすることが多く、実は6月始めに頭のイボ取り手術を考えていたのですが
こんな調子では麻酔など無理と考え直したのでした。

7月、エアコンは常に21~23度設定。
散歩も近くの公園に行くのみ。
この頃、公園までもたずウンチを歩きながらポロポロ落とすことが多くなった。

8月、お盆過ぎ、呼吸があまりに苦しそうになり舌も紫色になったりしてびっくりして動物病院に。
レントゲンの結果、心臓肥大で気管が押しつぶされ呼吸がしにくくなっているとのこと。
気管支を広げる薬と降圧剤を処方されるも、飲むと吐いたりし体調が悪くなるのでやめていたら、涼しくなったせいか呼吸のゼーハーが収まってきた。

9月、涼しいしエアコンも入れているのにゼーハー再び。また薬を再開したら嘔吐、そして下痢。
同時にフードも食べなくなり、トッピングを変えたり、食べやすい犬缶詰にしたりしたが食べない。
マッシュサツマイモだけは喜んで食べたので何回か食べさせたけど、下痢がひどくなり中止。

食べない、下痢はする、いつもオエッと吐きそうにえづいている、息が荒い
どうしよう、病院嫌いだしな~胃薬出してもらおうかなぁと思ってたところ赤茶色の水様の下痢。

あわてて病院に連れて行ったのが9月15日。

このときかるびちゃんに会って話をした。

先生に原因をしっかり調べましょうと言われ、30分ほど不安な気持ちで外で待っていました。
あんなに悪いんだから「なにか」ある、なにもないはずがないと言ってはいたけど
先生から、脾臓、胃、大腸、心臓横等々の複数のリンパ節がぼこぼこと腫れていて
血液のガンである「リンパ腫」だと思われると告げられた。

続く

アイシャ葬儀

亡くなって二日後の今日、アイシャの葬儀でした。

チチと二人、アイシャを後ろに乗せ、お散歩コースを一回り。
あの家にはこんな犬がいて、ここの家にはこんな子、いろいろ話をしながら回りました。

そしてペット斎場へ。

山の中の静かな斎場はペット専用だけれど
人間の葬儀と同じく、ペットにも常に尊厳を持った対応でした。
アイシャを花で飾り付け、おやつを置き、テープだけれど読経もあり、焼香と進み
アイシャは火葬炉に運ばれて行きました。

焼く前に体重測定。
亡くなる一週間前は23.2kg。25kgからは追加料金。どうかなぁと思ったら19.75kg
20kgを切ってたのですね・・・

待っている間、外に出て上を見上げると
秋らしい爽やかな秋空が広がっていました。

ちゃんとお空に行ったかな
虹の橋を見つけたかな

画像

お別れ

アイシャの具合が悪くなり
一週間前の15日月曜日に病院に行き

21日日曜日の14時20分に静かに息を引き取りました。

あまりに急に悪くなって
駆け足で空に上っていきました。


15歳まであと3週間
誕生日を迎えられなかったね。

お父さんがいる日曜日で良かった。

皆様、長いお付き合いありがとうございました。

また落ち着いたら書きます。
まずはご報告まで。

アーリー


涼しくなったよ

寒いぐらいの気温になって呼吸が楽になり
これからどんどんお散歩できる!と思った矢先
アイシャさん、お腹の不調、ぶり返し。

嫌な病院に我慢して行ってあれこれ調べてもらって
結果はあまり良い物じゃ無く、週二回ぐらい病院に通うことになりました。
お薬打ってもらって、早く元気になあれ。

またお散歩しようよね

☆病院で16歳3ヶ月のかるびお姉様に会ったぞ~
ゆっくりだけどしっかりした足取りで歩いてた。
うん、アイシャも見習って頑張る

ちょっと復活?

週末~週初め、本当に調子が悪く、このままどうにかなってしまうんでは?と心配したアイシャ

だんだん落ち着いてきて、今はかなり元に戻りつつある。

しかし、お腹の調子がいまいちで・・・

薬をつぶして混ぜたものはいくら美味しい匂いがしていても警戒して顔を背ける。

これまで食べていたフード、見向きもしない。

やっと少しずつさつまいもつぶしやお腹に良さそうな犬缶詰を食べ始めて
この調子だともっと量を増やしてもいいかな?と思った矢先に
夜中に大ゲリッピ

また1からやり直し・・・

一ヶ月後には15歳。

ゆっくりのんびり行きましょう。

そして少し歩かない日が続いたので後ろ脚がブラブラ、よろよろ。

早く元気になって少しずつまた歩こうね。


調子悪し

アイシャさん、おとといあたりから息荒く
昨日薬を飲ませた数時間後からゲロッパ、ゲリッピ
夜中もハッハ、ハァハァという荒い呼吸が続きほとんど寝られない様子。
午前一時過ぎにリビングで物音、あらら、下痢
慌てて公園まで走る。入り口で出た。
公園から帰っても調子悪く、後ろ足に力が入らず変な格好に。
部屋に帰って床掃除。
新聞を部屋中に敷く。

三時過ぎ、今度はゲロッパ
起きてシーツ洗い。

明け方やっと静かになったと思ったが
結局それからも下痢や嘔吐が続く。

薬のせいなのか胃腸炎なのか

病院に電話して指示を仰ぐ
とりあえず、一日絶食。

30分置きぐらいに発作のようにハッハと荒い呼吸
急に衰えが目立ち始めた夏の終わり

来月は15歳の誕生日だよ、頑張ろうね。

画像